大阪の賃貸オフィスはどの程度相場が変動するか

大阪の場合、賃貸の相場が大きく変動することで知られています。
これは一般的な住宅だけでなく賃貸オフィスにおいても同じであり、特に賃貸オフィスは空室の状況や契約の内容、条件でどんどん相場が変わっていきます。
賃貸オフィスを借りる場合物件探しを行いますが、そこで公開されている賃貸の相場と実際の相場は異なっていることが多いのは、空室状況によることが多いです。
オフィスに関しては水ものとも言われており、常に一定ではありません。
さらに大阪の場合どのエリアのオフィスを借りるのかでも異なっており、アクセスが良い場所やフロアの坪数、設備内容などによっても違いが生じています。
特に大阪では梅田がある大阪市北区、なんばや心斎橋がある大阪市中央区は人気があり、賃貸オフィスの相場も高めです。
これらの地域の相場はさほど変動せず、高い水準で保ったままであるので、少しでも賃料を抑えたい場合は同じ大阪北区であっても梅田ではなく、南森町などにすると良いです。

賃貸オフィス探しに最適な時期とタイミング

オフィスを移転したい、新規に借りたいなどの場合タイミングを見て借りることが多いです。
ですが時期やタイミングをしっかりと見極めないと、高い賃料で契約することとなり、結果として経費がかさんでしまいます。

一般的に大阪の場合、賃貸オフィスを検討する企業が多くなるのは、9月から12月、そして1月から3月の年始時期です。
この時期は移転する会社が大変多く急に需要が増えます。
それに伴い相場価格が高くなり、物件そのものが少ないため奪い合いになることもあります。
そのため賃貸オフィス探しに最適な時期はオフシーズンの4月から8月になります。
人が集まりやすい場所は賃料が高めであるので、人気エリアを少し離れることによって物件も急激に増え、賃料も安くなることが多いです。

春から夏にかけては新年度が始まる時期でもあり、オフィス移転はすでに終えた時期になります。
このような時期を狙ってオフィス探しをすると、希望に合ったところを借りることができます。

まとめ

大阪の場合エリアによって賃料の相場に大きな差があります。
人気の大阪市北区や中央区は年間を通じて相場は高めであり、さらに物件数も減少気味のためなかなか希望のところが見つかりません。
一方で大阪市北区でも梅田をのぞいた地域では相場は低めであり、相場の変動も少ないです。

賃貸オフィスを探すのに最適なタイミングは、4月から8月になります。
この時期に移転を考える企業は少ないためであり、それに伴い相場も低いことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。